教育ジャーナリスト/書籍プランナー 中曽根 陽子


小学館を出産のため退職後、1994年、子育て中のママたちが、子どもと一緒にあそび場をチェックし紹介する『子どもとでかける大阪あそび場ガイド』(メイツ出版)を作成。取材から執筆、イラストまで全て母親達の手によって作製した本書は、今なお改定版を重ねるロングセラーとなり、シリーズ累計50万部超。その後のメイツ社のあそび場ガイドシリーズ全国展開の先駆けとなる。
1998年、『OFFICE あんぐる』を立ち上げ初代代表に。その後、横浜への転居をきっかけに、2004年新たに女性のネットワークを活かした編集・取材活動を行う、情報発信ネットワーク「ワイワイネット」を発足。年4,5冊のペースで書籍を発行しており、子育て中の女性の視点を捉えた企画に定評がある。2007年~2009年横浜市福祉のまちづくり推進会議委員・同交通バリアフリー委員会委員を務める。現在は、教育雑誌から経済誌、新聞連載など幅広く執筆。塾取材や学校長インタビュー経験が豊富で、メディアからコメントを求められることも多い。
2007年に睡眠改善インストラクター、2010年にハートフルコーチの資格も取得。親子一緒に幸せになれるスキルを真剣に追及し、「日本中のお母さんと子どもを笑顔にするプロジェクト」を推進中。近著に『後悔しない中学受験 改定新版』(晶文社)、『おかあさんのための はじめての中学受験必勝ガイド』(メイツ出版)『子どもがバケる学校を探せ! 中学校選びの新基準』(ダイヤモンド社)など多数。


<<次の記事 前の記事>>
y_nakasoneをフォローしましょう